最新情報NEWS

NiXニュース 2016年6月20日

コンクリート橋脚の三次元弾性波トモグラフィー法を活用した内部損傷評価について、富山市に中間報告会を行いました。

コンクリート橋脚の三次元弾性波トモグラフィー法を活用した内部損傷評価について、富山市に中間報告会を行いました。

本研究は、次世代の維持管理橋梁維持管理システムの構築に資するため、京都大学と共同で実施しているものです。

従来の維持管理では、表面に顕在化した損傷を点検・調査し、健全性を評価するのが主でしたが、表面目視に依らず、内部劣化の把握により、本来の構造物の健全性が評価できる手法の確立を目指すものです。

弾性波トモグラフィ法は、既存の衝撃弾性波法にトモグラフィ技術をコンバインした非破壊検査手法で、京都大学開発の新技術です。

昨年、富山市様よりフィールド提供を受け、同技術を活用して橋脚内部の劣化状況を3次元で可視化し、有効性を確認しました。

掲載内容に関するお問い合わせ

掲載内容に関するご相談やご質問などは、こちらからお願いいたします。

株式会社新日本コンサルタント | NiX 管理本部 総務・経理グループ
〒930-0857 富山県富山市奥田新町1番23号
  • 076-464-6520
  • 076-464-6671
  • info@shinnihon-cst.co.jp

カテゴリー