最新情報NEWS

NiXニュース 2016年3月7日

資源エネルギー庁主催「再生可能エネルギーを考える」シンポジウムにて市森社長がパネリストを務めました。

3月4日、資源エネルギー庁主催「再生可能エネルギーを考える」シンポジウムが開催され、市森社長がパネリストを務めました。

このシンポジウムは、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の見直しが閣議決定されたことなどを受け、実施されました。

パネルディスカッションでは、市森社長は事業者として「発電コストを抑えるため、技術革新に力を入れていきたい」等の意見を述べました。

シンポジウムには、市民や事業者ら約200人が参加、小水力発電や地熱発電など、地域に根ざした再生可能エネルギーを広めていく重要性について理解を深める機会となりました。

詳細はこちらをご覧ください→ webun地域に根差した創造を 富山で「再生可能エネ」シンポ

掲載内容に関するお問い合わせ

掲載内容に関するご相談やご質問などは、こちらからお願いいたします。

株式会社新日本コンサルタント | NiX 管理本部 総務・経理グループ
〒930-0857 富山県富山市奥田新町1番23号
  • 076-464-6520
  • 076-464-6671
  • info@shinnihon-cst.co.jp

カテゴリー