2011年12月10日

33期決算・株主総会

33期(23年10月期)の決算がまとまり、富山第一ホテルにて株主総会を実施しました。
決算内容は、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
売上・経常利益・純利益ともに、目標を達成することができました(ホッ)。
議案すべて、滞りなく承認されました(社長も解任されませんでした・・・)。

o0800045011698279154

社員の皆様の努力に感謝申し上げます。
公共事業費の削減が続く状況の中で、決算における目標を達成することは並大抵のことではありません。
一年一年が勝負であり、気を抜けば一気に売上が下がってしまいます。
弊社は市場全体が縮小する中で、その中でも拡大する分野に的を絞り、困難な状況を乗り切って少しづつですが売上を拡大してきました。
今後もこのような状況が続くとは限りませんが、厳しい市場で耐え抜いてきたことは、弊社の今後の事業展開において貴重な財産になっているはずです。
今後も苦しかった頃を忘れることなく、毎期初心に帰って頑張りたいと思います。
次の課題は23年度の受注目標の達成です。
目標額にはまだまだ努力が必要・・・・・・・・ですが、「品質」「信頼」「挑戦」の精神で頑張りたいと思います。

プロフィール

市森友明 京都大学博士(経営科学)
技術士(建設部門・総合技術監理部門)

NiXグループ代表、株式会社新日本コンサルタント代表取締役社長。
京都大学工学部卒業・同大学経営管理大学院博士後期課程修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2003年に入社。2006年7月から現職を務める。国内社会インフラの計画・設計、都市計画、小水力発電開発、およびインドネシア・シンガポール現地法人にて、再生可能エネルギー事業(水力・メガソーラー)を実施中。

道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」 道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」