2011年4月28日

Xバンドレーダープロジェクト(続編)

先日ご報告した産官学共同研究Xバンドレーダープロジェクトですが、徐々に進んでまいりました。
まずはフィールド提供の件ですが、富山市上下水道局様にご了解をいただきました。
大石先生にはわざわざ富山までお越しいただき、主旨説明をしていただきました。
具体的には当該地域の水路に水位計、そして近傍に雨量計を設置することになります。
富山市上下水道局の次長様、課長様、ありがとうございました。

次にXバンドレーダーデータの使用許可ですが、大石先生の方で国土交通省河川局から許可を取っていただきました。
大石先生、河川局様、ありがとうございました。

この後、国土交通省富山河川国道事務所様にご挨拶そして研究の主旨説明を行い、正式にプロジェクトがスタートすることになります。
さて、一番の問題は・・・・・予算ですね。
弊社の研究開発費を使うのですが、所詮中小企業、悲しいかな予算に限りがあります。
でも・・・・、担当社員がなんとか工夫してくれるでしょう(笑)。

またご報告いたします。

プロフィール

市森友明 京都大学博士(経営科学)
技術士(建設部門・総合技術監理部門)

NiXグループ代表、株式会社新日本コンサルタント代表取締役社長。
京都大学工学部卒業・同大学経営管理大学院博士後期課程修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2003年に入社。2006年7月から現職を務める。国内社会インフラの計画・設計、都市計画、小水力発電開発、およびインドネシア・シンガポール現地法人にて、再生可能エネルギー事業(水力・メガソーラー)を実施中。

道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」 道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」