2010年12月27日

NiX 就職採用活動開始

さて、2012年の新卒採用活動がスタートし、12月26日(日)、富山テクノホールにて各企業がブースを出展しての、合同説明会が行われました。
お休みの日にもかかわらず、担当の社員の皆様、本当にお疲れ様でした。
そして訪れていただいた、学生の皆様、ありがとうございました。

o0800048010970527975

富山県内の主要企業が集まると合ってか、多数の学生さんたちが来場していました。
その中でも多分、弊社は間違いなく「異色」だったでしょう。
・建設コンサルタントは1社のみ
・建設系としても1社のみ
・公共事業系としても1社のみ
・企業規模としても小さい方
(売上であって、コンサルタントとしては小さくありませんよ)
そんな状況でありますので、どのぐらい学生さんが来ていただけるか非常に不安でしたが、全ての説明セッションに来ていただけました。
ブースの設営が良かったのでしょう。末政君、堀岡君、森さん、ありがとう。

さて、就職活動でいつも思うことがあります。
それは、世の中の景気に左右されるということ。
学生さんたちは景気や卒業年度を選ぶことができません。
そういう意味では非常に運任せの部分があるんです。
こればっかりはどうしようもありませんね。
ちなみに筆者は平成初期に就職していますので、このころは、どこにでも入れた状況でした(みなさん楽をしてスイマセン)。

ただ、楽な就職活動をするか、苦労して入社するか、どちらがよいかと思うと、苦労して入社した世代のほうが、活躍している方が多いような気がします。
弊社でも若干そのような傾向があります。
入社する前に相当努力されるからでしょう。そして苦労して入った会社ですから、愛着もあると思いますし、入社後さらに努力して出生していこうという意欲も高くなる人が多いのでしょう。
反面楽に就職できた世代は、会社の待遇や業績が悪くなったり、仕事がイヤになったりすると、簡単にやめてしまう人が多いような気がします。

そうなんです、長い人生どっちが得かわからないんですね。
さて、そんな今年の就職戦線は昨年に比べると明るい状況ではないでしょうか。
やる気ある、学生さん、是非ニックスにエントリーください。お待ちしております。

o0800048010970534752

プロフィール

市森友明 京都大学博士(経営科学)
技術士(建設部門・総合技術監理部門)

NiXグループ代表、株式会社新日本コンサルタント代表取締役社長。
京都大学工学部卒業・同大学経営管理大学院博士後期課程修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2003年に入社。2006年7月から現職を務める。国内社会インフラの計画・設計、都市計画、小水力発電開発、およびインドネシア・シンガポール現地法人にて、再生可能エネルギー事業(水力・メガソーラー)を実施中。

道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」 道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」