2012年5月30日

浸水対策の社会実験

本日発注者の方が弊社をご訪問されました。
一昨年弊社で実施した浸水対策事業としての社会実験のモデルの見学です。

o0640048012015218933 o0640048012015218934 o0640048012015218936

近年の集中豪雨や局地的なゲリラ豪雨対策としての事業ですが、予算があれば、当然ハード的な対策、すなわち水路増補や回収、調整池の設置などが最も効果的であるのは間違いありません。
しかし、年度の予算執行額に制限がある以上、完全な防災は難しく、その完成年度まで、減災という観点でのソフト対策として、写真のような床下浸水を軽減する装置を考案したのであります。
写真のモデルはわかりにくいですが、床下の土間換気口と、玄関先の止水板をイメージしており、実際に水を注水し、その効果を目視しているところであります。

一昨年に某下水道局のお仕事で作成したモデルですが、今回は別の部局のお客様が対象となります。
ニーズは同じであり、浸水対策が完了するまで時間がかかりますので、その間に洪水が発生した場合、このような対策を実施し、少しでも被害を軽減することと、住民の皆様への意識啓発としての目的もあるわけです。

前回実験における住民の皆様の評価は上々でしたが、今回は如何でしょうか。
もちろん、大雨が発生せず、このような対策が必要がないことが一番なのですが。

プロフィール

市森友明 京都大学博士(経営科学)
技術士(建設部門・総合技術監理部門)

NiXグループ代表、株式会社新日本コンサルタント代表取締役社長。
京都大学工学部卒業・同大学経営管理大学院博士後期課程修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2003年に入社。2006年7月から現職を務める。国内社会インフラの計画・設計、都市計画、小水力発電開発、およびインドネシア・シンガポール現地法人にて、再生可能エネルギー事業(水力・メガソーラー)を実施中。

道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」 道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」