2012年2月8日

中学校で建設コンサルタントを宣伝?

本日中学校での授業をしてまいりました。
「生き方から学ぶ集い」という題目で、母校の○○中学校の1年生が対象でした。
「生き方」と言っても、私自身、そんな立派な生き方をしておりませんので、主に仕事の話を中心にしてきました。

o0640048011782306730

特にこの職業、「(建設)コンサルタント」なるものは、ただでさえわかりにくい職業であり、それが中学生相手ともなると、チンプンカンプンでしょう。
やはり、建設コンサルタントという業種は全員知りませんでした。(私自身も中学校の時は知らなかった・・当たり前ですね・・・)

o0800060011782334687

このような授業の目的は、中学生の皆さんに将来の職業をイメージさせるために行われているそうです。大事なことですね。
将来なりたい職業を決めている人と聞いたところ、2名の生徒さんから「料理人」と「薬剤師」という答えが返ってきました。
「料理人」はわかるけど、「薬剤師」は中学生にしてはシブイ選択ですね・・・・。

時間もあまり無かったので、建設業界に対して詳しい説明はしていませんが、このような機会に我々業界の話をさせていただくと、少しはイメージアップにつながるのかな、とも思いました。

「何の職業に就きたい?」と聞いたときに「建設コンサルタントです」と答えてくれる中学生が出てくる日は来るのでしょうか・・・・・

プロフィール

市森友明 京都大学博士(経営科学)
技術士(建設部門・総合技術監理部門)

NiXグループ代表、株式会社新日本コンサルタント代表取締役社長。
京都大学工学部卒業・同大学経営管理大学院博士後期課程修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2003年に入社。2006年7月から現職を務める。国内社会インフラの計画・設計、都市計画、小水力発電開発、およびインドネシア・シンガポール現地法人にて、再生可能エネルギー事業(水力・メガソーラー)を実施中。

道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」 道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」