2013年9月6日

メガソーラーと小水力発電事業

過日富山市の公有地でのメガソーラーの事業者に特定されました。弊社の提案書およびプレゼンが認められたことであり、社としても大変ありがたいことであり、次年度からの着工に向けてさらに頑張っていきたいと思います。下図は一部分のイメージパースですが、出力は全体で1.3MWhとなります。

o0800060012674682840

全国的に公用地を活用したメガソーラーの民間事業者の公募は多く行われており、特別珍しいことではありませんが、弊社にとっては大きな意義があります。まずは弊社はコンサルタントというサービス産業であり、装置産業ではないことです。装置産業でないコンサルタントがストック型ビジネスを展開することに意義があるのです(これは小水力も一緒ですが)。また今回の候補地はやや山岳地であり、積雪も多く条件が非常に厳しいところであり、大手企業のような採算性や投資回収年数を重視するような企業は少し手を出しにくい場所であるということです。そこに我々のような地域企業が雪国対応ソーラーを建設するというところに意義があります。ここでは記載できませんが、そのような対応ではかなり工夫した内容になっています。また富山市様の環境モデル都市構想に、日ごろからコンサルタントとして受注者となっている立場とは逆に、民間投資家として貢献できることも意義があることではないかと思っています。
いずれにしても、いくつか進めている自社開発の再生可能エネルギー事業の中で、一番最初にスタートする事業ですから、まずは慎重にしっかりと取り組みたいと思います。

また某所での小水力発電事業も佳境を迎えてきました。過日、地元の幹部の方々や行政職員の方々にお集まりいただき、様々な調査結果を踏まえた発電事業の概要、そして昨年の説明会でいただいた地域要望への対応の説明を実施しました。当日は大雨にもかかわらず、予定の皆様全ての方にお集まりいただき本当にありがたい限りです。今回はいくつかの課題は解決できましたが、次のステップに行くための新たな課題も残りましたので、その課題の対応を今後実施していくことになりました。

o0800060012674674856 o0800060012674674857

一方で、地元の方々は大変好意的かつ調査にも協力的で、大変ありがたい限りです。このような水力発電事業は特に水という地域資源を使わせていただく事業でありますので、地域の理解は不可欠です。やはり事業者のみではなく、事業による地域への何らかの還元がないと成り立たない事業ではないかと思いますので、そのあたりで本事業に対しご理解をいただいていることは大変重要なことであると思います。地域の皆様のご期待に添えるよう、しっかりと対応していきたいと思います。

以上のように我々NIXはメガソーラーと小水力発電事業に取り組んでいますが、この二つ、かなり性質が異なります。小水力発電事業は2年半前から取り組んでいますが、まだ計画終了となっていません。一方でメガソーラーは公募通知からわずか3か月弱でほぼ計画終了です。同じ発電事業でも参入障壁の高さが全く違います。メガソーラーは土地とお金があれば誰でもできるかもしれません。であるからこそ、オリックスやソフトバンクなどの非技術系企業が資金力を武器に易々と参入できるのでしょう。私は個人的にはそのような金融系の企業が資本力を武器にメガソーラーに参入する行為は、あまり好きになれません。しかしながら、お金儲けが商売の目的であり、法律違反でない以上、全く問題はないのでありますが。一方で小水力発電事業はいろいろとノウハウが必要です。コンサルタント技術が必要なのです。そのような意味では、弊社の本業の付加価値がフルに生かせる事業であり、逆にそうでない企業は参入するためには我々のような企業にフィーを支払って計画してもらうことになります。それでは自社に発電所は残りますが、技術的なリソースが残りません。そのようなことから小水力発電に取り組める企業はとても少ないのだと思います。

NIXはそのような参入障壁の高い事業であるからこそ、技術コンサルタントとして取り組む価値があるのだと思っています。そして地域の方々といろいろな利害を共有し、我々も発電事業者として地域の一員となって貢献できる、そんな魅力あるビジネスが小水力発電事業なのだと思います。メガソーラー事業実現が先になってしまいましたが、小水力事業もあと一息ですので、初志貫徹、しっかりと進めていきたいと思います。

プロフィール

市森友明 京都大学博士(経営科学)
技術士(建設部門・総合技術監理部門)

NiXグループ代表、株式会社新日本コンサルタント代表取締役社長。
京都大学工学部卒業・同大学経営管理大学院博士後期課程修了。

大手ゼネコン勤務を経て、2003年に入社。2006年7月から現職を務める。国内社会インフラの計画・設計、都市計画、小水力発電開発、およびインドネシア・シンガポール現地法人にて、再生可能エネルギー事業(水力・メガソーラー)を実施中。

道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」 道路維持管理クラウドサービス「みちクラ」