インフラ点検・補修/長寿命化計画

インフラ点検・補修/長寿命化計画

インフラ施設の経年が進み、増大する維持管理費に対応するため、インフラの変状・劣化の進行を点検により定量的に把握し、性能低下に応じて適切な補修・補強をおこなう予防保全型の維持管理に移行していく必要があります。
点検・診断、評価、計画・設計、修繕等、一連の業務プロセスを一貫的に取り組むことにより、インフラ施設の維持管理・更新について、安全性確保、コスト縮減を図りながら、的確かつ効率的・効果的な運用に貢献します。

インフラ点検・補修/長寿命化計画の実績一覧を見る

主な業務内容

道路施設長寿命化計画

構造物の維持管理に係るPDCAサイクルの推進に寄与するため、台帳等データベースの整備、LCCの検討、修繕計画の策定を行います。

  • 道路維持管理計画
  • 路面性状調査
  • ライフサイクルコスト等の検討
  • 補修設計

路面性状調査

構造物の調査点検・補修補強設計

道路構造物の点検並びに詳細調査を実施し、対策が必要な損傷等に対して補修対策を検討し、最適な補修・補強工法を選定の上詳細設計を行います。

  • 構造物の点検業務
  • 橋梁の点検・調査・補修・補強設計
  • 防災構造物の点検・調査・補修・補強設計
  • トンネルの点検業務
  • 塗膜調査・非破壊検査
  • コンクリート劣化調査・材料試験

写真技術を応用した点検調査(当社保有UAV)

構造物施設長寿命化計画

高度経済成長期に急速かつ大量に建設された道路構造物は、老朽化が顕著となってきています。道路構造物の長寿命化計画の策定を支援します。

  • 橋梁基礎データ収集
  • 橋梁の健全度評価、重要度判定
  • 優先度設定項目の検討
  • 劣化予測の検討
  • 補修・補強対策検討・予算算定
  • 橋梁長寿命化計画策定

当社橋梁点検車使用による点検

橋梁長寿命化計画

高度経済成長期に急速かつ大量に建設された道路ストックの要となる、橋梁は老朽化が顕著となってきています。橋梁の長寿命化修繕計画の策定を支援します。

  • 橋梁の健全度の見える化
  • 橋梁台帳データベースの整備
  • 橋梁長寿命化修繕計画の策定
  • 橋梁補修・補強の工法の立案
  • 最適な橋梁維持管理計画の策定
  • 予算の平準化

橋梁の補修区分と管理目標限界の関係

公園長寿命化計画

公園ストックの増加とともに、施設の老朽化が急速に顕在化してきており、計画的、効率的な施設の更新が求められています。数多くの公園設計の経験から、最適な更新、改修計画を提供します。

  • 長寿命化計画立案
  • 公園施設健全度調査、バリアフリー調査
  • 公園再生調査、計画立案

砂防関係施設点検・長寿命化計画

現存する砂防関係施設は明治以降整備され、砂防堰堤の数は全国で60,000基以上に達しています。これらの施設の中には、竣工後30年~50年以上経過している砂防設備が数多く現存しています。これらの施設の保全対象を守る観点から、弊社は、施設の点検手法、健全度の評価手法、対策優先度順位と対策工法、経過観察手法を検討し、対策の年次計画を策定する長寿命化計画業務に取り組んでまいります。

  • 河道計画・護岸詳細設計
  • 構造物耐震補強設計
  • 砂防基礎調査
  • 砂防堰堤詳細設計
  • 砂防関係施設緊急点検
  • 河川堤防浸透解析・築堤詳細設計
  • 樋門・樋管予備設計・詳細設計
  • 河川堤防健全度調査
  • 砂防関係施設長寿命化計画
  • 河川用ゲート設備長寿命化計画策定

下水道施設ストックマネジメント維持管理・更新計画

施設ごとの長寿命化から自治体が保有する施設全体のストックマネジメント計画の策定が必要となりました。下水道施設を今後も健全に維持するために調査・劣化診断を行い、施設の長寿命化・ストックマネジメント計画を策定し、適切な維持管理・更新計画を提案します。

  • 施設の調査・診断
  • 長寿命化計画の策定、維持管理計画の提案
  • 改築・更新実施設計

管口カメラによる点検

事業内容一覧に戻る