再生可能エネルギー

再生可能エネルギー

当社ではマネジメント事業として、再生可能エネルギー事業を行っています。本事業は、将来において商業化を目指しており、当社の今後の成長エンジンを育てていくことを主目的に行っています。

再生可能エネルギーの実績一覧を見る

主な業務内容

環境・新エネルギー

100年先の子孫へ健全で恵み豊かな環境を受け継いでいくことを目指し、地域・経済・環境の好循環に配慮しつつ、低炭素社会づくり、循環型社会づくり、自然共生社会づくりに寄与する提案をしていきます。

  • 地球温暖化対策関連計画
  • 環境基本計画
  • 再生可能エネルギー導入適地調査
  • 新エネルギー事業可能性調査、事業計画、費用対効果算定
  • 発電事業に係る施設の基本計画、実施設計、各種法的手続
  • 水理環境改善調査・計画
  • 地下水位観測

小水力発電施設設計

湯谷川小水力発電所

南砺市を流れる一級河川庄川水系湯谷川の水を利用し、稼働した湯谷川小水力発電所は、河川水利用の流れ込み式の発電所で、総落差は約85mです。
構想当初よりNiXグループが、自ら規模の最適化や経済合理性の調査、設計、資金調達、施工を行ってきました。最大発電出力は804kW、総事業費は約10億円となり、民間事業者が開発する小水力発電所の中では、比較的大きな規模の発電所となります。

平沢川小水力発電所

平沢川小水力発電所は、石川県土木部砂防課が「エネルギーの地産地消」「砂防堰堤周辺の環境向上」「県有施設の有効活用」という3つの方針を掲げ、民間の発電事業者を公募した事業で、今後20年間にわたる運営・管理を実施していきます。
公共施設である砂防堰堤の活用と民間資金活用による小水力発電事業は、石川県内では初めての取り組みであり、その形態は全国的にも先進的な事業です。

NiX八尾ソーラーパワー

自然エネルギーのなかでも建設から稼働までの期間が比較的短い太陽光発電に着目し、自然エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用したメガソーラー事業に取り組んでいます。第一号となる発電所「NiX八尾ソーラーパワー」が平成26年10月に運転開始しました。
同施設は、地球温暖化防止に向けCO2排出量を削減することを目的に、富山市が推進する「環境モデル都市」の取組みの一環として、ニックスニューエネルギー株式会社が再生可能エネルギーの復旧促進と地域活性化に協力するものです。

事業内容一覧に戻る